ごあいさつ

日中両国の医学・医療交流のため、一層の相互協力と課題解決へ貢献します

日中医学交流センター(JAPAN-CHINA MEDICAL COMMUNICATION CENTER)は、医学を通じて日中両国間の学術交流、人的交流を目指す団体として、宇都宮徳馬先生及び一宮勝也先生、朴順子先生らが中心となり中国衛生部、中華医学会、中国医師会他多数の医療衛生機関と在日中国大使館の多大な後援のもとに1991年に設立され、1999年には東京都よりNPO法人の認可を受け現在に至っております。
日本と中国は、古来より隣国として密接な交流を深めておりましたが、現代においては旧来にも増して各方面での緊密な関係を築くことが求められております。医学交流もこの例にもれず、今こそ日本と中国両国がお互いを理解し、助け 合い、協力しあうことが最も大切な時期であると認識しております。
私ども日中医学交流センターは、医学を通じて25年以上もの間、日中両国の医学・医療交流のために活動してまいりましたが、日本、中国の医学関係者、医療従事者の抱える問題が共通化してきた今、より一層の相互協力と課題解決への貢献に邁進してまいりたいと念じております。 皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

日中医学交流センター

 会長 大坪 修

略歴

1964年
東京大学医学部医学科卒業
1965年
東京大学医学部附属病院第二外科入局
1970年
東京大学医学部附属病院第二外科助手
1971年
東京大学大学院 医学博士
1987年
東京大学医科学研究所附属病院人工臓器移植科助教授
1987年
国家公務員等共済組合連合会虎の門病院外科・腎センター外科部長
1993年
医療法人社団大坪会理事長(2003年特定医療法人)(現在に至る)
1998年
財団法人(現一般財団法人)健康医学協会理事長(現在に至る)
2007年
哈爾浜医科大学名誉教授
2008年
特定非営利活動法人日中医学交流センター会長(現在に至る)
2008年
学校法人青淵学園理事長(現在に至る)

PAGE TOP